忍者ブログ

an emergency escape

from H18.2.7 基本的にはサイト「かはたれ。」の日記です。メールフォームのお返事もこちらになります。サイトに戻る場合は、上から3つ目のモドリグチからどうぞ。 コメントへの返信は、しばらくしたらのぞいていただくとくっついていると思います。コメント数のカウントは増えません。

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小野主上の新作ゲットです!今から読みます。50ページくらいの慶のお話?楽しみです。



PR
京極夏彦著『魍魎のハコ』がマンガ化されて連載です。加菜子ちゃんも木場さんもピッタリでした。陽子さんはもっと頼りない感じがよかったな。あと鳥ちゃんが違う!(私の脳内と)
青木くんは別格です。あまりのこけしっぷりに噴きました(笑)もっとがっしりしてるイメージだったんですが、こけしだからしょうがないよね(笑)あれじゃあ敦っちゃんとは釣り合わない……。

ほとんど原作通り進んでいて、絵も上手だし好みなのでよかったです。しかし高い。他にもオカルトな漫画が載っていて、せんえん。三か月に一冊出るみたいなのでいっかな……。



実家に帰っています。3連休なのです。
とはいっても、日曜日は子ども達の学校の運動会なので、それを見に行くわけで28日の朝には戻るんですけども。

実家で飼っているにゃんこがかわいく見えるのはなんなんでしょうか。不思議~。

持って帰るのが大変だというのにいろいろ買ってしまいます。うぅぅ、重そお。成田美名子さんの『NATURAL』を全巻一気に大人買い。初めて! 『花よりも花の如く』から気になっていて、セットで売っていたので買ってしまったのです。給料日ってある意味怖いわ(笑)
面白かった! けれどもラストがなぁ……。抽象的な部分が多くって、正解をもらわずにテスト直しもできないみたいな感じです。まぁ、区切り……はついているのかなぁ。主人公のミゲールはペルー人で、幼少の頃にヒロインの理子の家に引き取られました。ふつうに姉弟として育ちます。この二人が恋愛感情は抱いていないはずなんだけど兄弟愛とも違うんだよなあー、とお互いにぎくしゃくしたりして、というのが恋愛軸。ミゲールの友人達もわりと複雑な方々で、何度もほんとの自分は? と悩みまくり。バスケと弓道を外皮にして、少年達は成長するんですね~。これが友情軸。主軸はミゲールの過去から続く謎。かな? いろいろ絡み合って混ざりあって進行していく感じは大好きなのですが、ラストまでミゲールと理子の間は姉弟止まりなのかそうでないのかハッキリしないし、少年達の悩みは答え出しようもないのかもしれないけど確たるセリフが無い。イヤ、私が読むの急ぎすぎたかなとは思うんですが。家まで持ってってじっくり読みたいなあ。全11巻は重いな……。
私は『花よりも~』から憲人(主人公で、『NATURAL』にもちょっと出てくる)が好きですが、性格変わっていなくて嬉しかったです。『NATURAL』の方が前ですけども。だって憲人の弟・西門はなんだか少し違う感じがするんですよ。露出度の違いかしら……。

そして、未だ題名の意図すると頃がよく分からない私。読み直し。

あぁ……お神楽が見たくなってしまった。仕事辞めることになってお金があったら次の仕事決める前に色々周ってみたいなぁ(福祉職は3~4年で辞める人が多いらしい)。

そうそう、気鬱の原因が今月末に日程変更になりまして、しかも可能性は低いですが大役をおおせつかることになりそうでビクビクです。うぅー。
お誕生会のメニューとかも決めなきゃあ。



ケータイでのコメントの見方わかった!(遅)どうも失礼致しました。

今日は実習生さんが来ました。私の担当の部署の責任者さんがお休みだったので一日目なのに私と一緒……。ごめんなさい。なんの手本にもならないよ! 何を教えてよいやらサッパリわからず。普段していることを一通りやっただけです。勉強にならなくてすみませんんんん……。
明日はどうするのかな?

薬屋さん読みましたよ~。
『銀の檻を溶かして』高里椎奈 著
ネタバレも出て来るかな? ご注意。

Sぶろうさんがおっしゃっていて、古本屋さんで一冊目を見つけたので購入したのに読んでいなかったのですが、やっとこ読みました。しかし読み始めたら終わるのは早かった! そんな薄くもないのにですよ。始めの方を読んだら、(あ、Sぶろうさんだ)と思ってしまいましたよ(笑)流れというかテンポが似ている(ニヤニヤ)。これは『結界師』を読んだ時にも感じたのですけども。
『銀の~』に戻りましょう。読みながら、ライトノベルっぽいのかな? と感じました。お遊びが多い。作者って女性…なの、かな? 女の子が喜びそうなお遊びがふんだんに盛り込まれてますよね。お遊びというのは、本編の主軸には影響を与えないような小ネタを私は勝手にそう呼んどります。

あと、キャラクタが一辺倒じゃない。座木さんが特にそうなんです。始めに与えた印象をぶちこわして行動してくるんですよ。コチラは今までに読んだキャラクタに当てはめつつ次の行動を考えて読むのですが、それが当てはまらないこと! 座木さんの場合、クールで無口なキャラかと思ったら微笑むし腹黒いとこあるしフェミニストだし。えー? そうくるの?! と何度思ったことか……。こんなん思ってるの私だけかしら。

ミステリの方も面白かったですよ。最後にキチンと全部繋がっててスッキリ。
あ、最後のソーワさんにはびっくりしましたけども(笑)
読む前にSぶろうさんに私にとって薬屋シリーズは「好き(なタイプの本)じゃないかも」と言われていたんですが、嫌いじゃないです。おもしろいことはおもしろいんです。擬音・擬態語が強調されていたりとかキャラクタの安定性だとかはたまにひっかかります。私保守派だから(笑)それくらいかしら。まだ一冊目ですから、次のはまた変わっているかもしれませんね。続き読みたい。

そうそう、Sぶろうさんとこの日記で何度か見掛けたリベザル(主要登場人物)。すいません。ずっっっっと「リザベル」って読んでました。てっきり女の子かと思ってました。

うどんで書いている話が結末はほぼ決まっているのにそこに行き着けず困っています。私の場合、必要なエピソードと不必要なそれの区別がまだまだすぐに判断できないので、ホントは連載形式ってムリなんですよー(言っちゃったヨこの人)。なので今プロット張り直し+修正。足らないところいっぱいよね。手持ちのエピソじゃ足りない気が……。こんな時、私は一通り書いて、この種(ネタ?)が足りないからこんなエピソを書こう、て感じで付け足していきます。それぞれのエピソに目的を持たせるわけですね。目的。そう、目的。それが不明瞭なんだな~。アレ。



うぅぅ……風邪をひいたようです。おとといあたりからかな。熱っぽくて。まぁ、動ける程度なのですが。子どもに移されたかしら。わりと流行っています。ロタはいや!

明日お休みですがあまり出歩かないようにしようかと思ってます。タンスを買ってこようと思ったのになぁ。今まで使っていたのはただの棚で、それを本棚にしようと思うわけです。まだまだ本は少ないんですが。

今日やっと『百鬼夜行抄』の新刊を買いました。このあたりって本屋が少ない! しかも6時で閉まるって何?!
でも怜さん(漢字が無い)と八重子さんの話があったからいいか~♪
以下ネタばれです。反転できないのでご了承下さい。




一波乱あったんですね。「兄のような~」というセリフがありましたけど、あれって律と司の伏線? 私はあの2人にくっついて欲しくないんですが……。
律は新しいゼミに入るようだから、新たな出会いがあるんじゃないかと期待(笑)



さて、もうそろそろ寝ます。たっぷり夕方寝てしまったんですがもう眠いです。
タンス買ったらまたお家改装だ~♪



カレンダー

05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

モドリグチ

拙サイトからいらした方は、コチラからお戻り下さい。

Prof.

masterの話。
HN:
しろ
年齢:
389
HP:
性別:
女性
誕生日:
1628/04/08
職業:
職員
趣味:
読み物。描き物。
自己紹介:
本を読むのが好き。絵を描くのが好き。子どもが好き。動物が好き。
以 上

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

リンク

counter

アク解

マク

| HOME
Copyright ©  -- an emergency escape --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]